世界中にコンテンツを配置できる!?CDNの仕組みやメリット・デメリット

世界中にコンテンツを配置できる!?CDNの仕組みやメリット・デメリット

インターネットが当たり前になり、誰もがスマホやパソコンなどのデバイスを所有している時代になりました。

さらには動画配信が主流になり、Webコンテンツの大容量化も進んでいます。

データが重くなったりアクセスが集中することで、ページの表示やデータのダウンロードに時間がかかるといった経験をしたことがあるのではないでしょうか?

今回は、そんな問題を解決する「CDN」という仕組みについて紹介したいと思います。

CDNとは

CDNとは、「Content Delivery Network(コンテンツデリバリーネットワーク)」の略で、世界中に張り巡らされたネットワークを利用して、Webコンテンツを効率的かつ高速に配信する仕組みです。

CDNの仕組み

では、どのような仕組みでWebコンテンツを効率的に配信しているのでしょうか?

キャッシュサーバーの活用

CDNを説明する上で欠かせない「キャッシュサーバー」について、以下に簡単に図で示しました。

 

※オリジンサーバー:元のデータが保存されているサーバー

※キャッシュサーバー:オリジンサーバーからWebコンテンツのコピーを取得しているサーバー(別名エッジサーバー)

まず、CDNを利用しない場合(図左)ですが、Webコンテンツはオリジンサーバーに直接アクセスしてダウンロードします。

一方で、CDNを利用した場合(図右)では、オリジンサーバーの代理としてキャッシュサーバーがWebコンテンツを配信することになります。これにより、オリジンサーバーの負荷が分散され、効率的かつ高速にWebコンテンツを配信することができます。さらに、キャッシュサーバーは世界中に配置されており、ユーザーはより近い距離にあるキャッシュサーバーにアクセスすることができます。

CDNのメリット

サーバーやネットワークの負荷を軽減できる

CDNを利用することで、オリジンサーバーだけではなく世界中に配置されたキャッシュサーバーがユーザーからのアクセスを受け付けます。これにより、サーバーやそれぞれのネットワークの負荷を軽減することができます。

サーバーのレスポンスを改善できる

世界中に配置されたキャッシュサーバーがに負荷が分散されることで、レスポンスも改善されます。通常、レスポンスが短くて困るということはなく、結果的にユーザーの離脱やそれに伴う機会損失を防ぐことに繋がります。

Webコンテンツのダウンロードが速くなる

キャッシュサーバーがあることで、1台のサーバーへのアクセス集中が避けられるため、Webコンテンツのダウンロード時間も短縮されます。アクセスが集中しやすい場面や、大きなデータを配布する場合にはCDNを活用すると良いでしょう。

CDNのデメリット

ファイルの更新が遅れる場合がある

オリジンサーバーの変更がすぐにキャッシュサーバーに反映されるわけではないため、キャッシュサーバーのデータが古いままだと、結果的に古いデータが配信されてしまいます。これを防ぐためには、キャッシュサーバーのデータを更新する頻度や、古いデータを保持する期間等の設定を行う必要があります。

キャッシュサーバーのデータを削除するまでに一定の時間がかかる

キャッシュサーバーのデータを更新するまでにタイムラグがあるのと同様に、削除する際にも一定の時間がかかります。キャッシュサーバーを使用するということは、世界中にデータを保存しておくということになるため、リスク管理としてコンテンツの内容は吟味する必要があります。

まとめ

CDNの仕組みやメリット、デメリットについてお分りいただけたでしょうか?

CDNは主にソフトウェアのバージョンアップサービスのリリース時メンテナンス明けのアクセス集中時などに活用されており、スムーズなコンテンツ配信を可能にしています。

便利な技術は積極的に活用していきたいですね!


▼お問い合わせはこちら
お問い合わせ


AI interface 株式会社RAKUDO、100年後の働き方を創る

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【株式会社RAKUDO】
下記の事業を中心に行なっている名古屋の企業です。

●エンタメ系や製造業の方に向けたVR/AR/MR開発
●モーショントラッキングのデータ作成サービス
●AI開発が楽になるプラットフォーム「AI interface」

お困りのことがあれば些細なことでもお気軽にご連絡ください。
一緒にアイディアを形にしましょう!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ITカテゴリの最新記事