人の動きを検出!?モーションキャプチャー機材紹介

人の動きを検出!?モーションキャプチャー機材紹介

モーションキャプチャーという技術はご存知ですか?

モーションキャプチャーには専用の機材やソフトが必要となります。そこで、どのようなデバイスがあるのか、キャプチャーする部位の違いで紹介したいと思います。

モーションキャプチャーとは

まずはじめに、モーションキャプチャーとは人や物の動きを取り込んで3Dモデルに反映させる技術です。

主に映画やゲームのCGで作られているキャラクターの動きを再現する際に使用されていましたが、現在ではスポーツやリハビリテーションの分野で人の身体の動きに関するデータを収集/解析することに活用されたり、自動車など機械製品の挙動のデータ化や評価にも活用されており、幅広い分野で使われている技術と言えます。

また、最近流行りのVTuberにもモーションキャプチャーの技術が使われています。モーションキャプチャーを使うことで全身の動きをバーチャルのキャラクターに反映させることができるため、より人間らしい動きを再現することができます。

モーションキャプチャーの機材

全身のキャプチャー:Rokoko Smartsuit Pro

まずは、弊社でも使用しているRokokoが提供しているモーションキャプチャー スーツ「Smartsuit Pro」です。

  

Smartsuit Proは、センサーが埋め込まれたスーツを通常の服のように着るだけで使用できます。ソフトウェアを開き、システムを調整することで1分以内にデータのキャプチャを開始します。

モーションキャプチャーでは特殊なカメラなど大掛かりな機材が必要となることが多いですが、Smartsuit Proでは従来のような外部カメラやセンサーは必要ありません。全身タイツで構成されたスーツを着て動くだけでキャプチャができることは大きな特徴のひとつです。$2,495(約25万円)で購入することができます。

顔のキャプチャー:Rokoko’s Face Capture

続いて、同じくRokokoが提供しているフェイスモーションキャプチャーです。その名の通り、顔の動きをキャプチャーすることができます。

  

動画では少し分かりづらいですが、身体に固定したスマートフォンで顔を撮影してキャプチャーを行なっています。表情がリアルタイムでキャラクターに反映されている様子がお分かりいただけるでしょうか?

RokokoのSmartsuit Proと合わせて使用することでキャラクターの動きだけではなく表情まで簡単に再現することができます。Rokoko’s Face Captureは、月額$39(約4,000円)で使用できます。

弊社でもRokokoを使用してモーションキャプチャーを行なっています。

詳細はこちら▶︎【実績あり】リアルタイムで行う!モーションキャプチャー

手のキャプチャー:Leap Motion 

これは、米国のLeap Motion社が提供しているセンサーデバイスで、手や指の動きに特化したモーションキャプチャーが可能です。

Leap Motionに手をかざすと手や指を認識し、手の位置や右手か左手か、各指の関節と位置などを瞬時にキャプチャーすることができます。VRゴーグルにLeap Motionを取り付けることで、VR空間でコントラーラーなどを使用せずに、手に何もついていない状態で動きを認識できるようになります。価格は約1万円と安価であり、導入しやすいことも特徴です。

まとめ

全身のモーションキャプチャーだでけではなく、より細かい顔や手のモーションキャプチャーに特化したデバイスが各社から発売されています。

従来は主に映画制作の場面で使用されており、大掛かりな機材を必要とする特殊な技術でしたが、現在は今回紹介したようなデバイスを使用してVTuberとして活動するなど、手の届きやすい技術となってきました。

また、モーションキャプチャーと比較すると精度が落ちますが、より簡単に人の骨格を検出できるOpenPoseという技術もあります。

モーションキャプチャーに関して、何かお困りのことや疑問があればお気軽にお問い合わせください。やりたいことや予算に従って、最適な方法をご提案させていただきます。


▼お問い合わせはこちら
お問い合わせ


AI interface 株式会社RAKUDO、100年後の働き方を創る

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【株式会社RAKUDO】
下記の事業を中心に行なっている名古屋の企業です。

●エンタメ系や製造業の方に向けたVR/AR/MR開発
●モーショントラッキングのデータ作成サービス
●AI開発が楽になるプラットフォーム「AI interface」

お困りのことがあれば些細なことでもお気軽にご連絡ください。
一緒にアイディアを形にしましょう!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ITカテゴリの最新記事