アプリに簡単にZoomの機能を追加できる!?Zoom APIとは

  • 2020.08.27
  • IT
アプリに簡単にZoomの機能を追加できる!?Zoom APIとは

オンライン会議ツールとして多くの人が利用しているZoomのAPIが公開されています。APIが公開されるとはどういうことなのでしょうか?

今回の記事ではZoom APIとは何か、どんなことができるのか紹介していきたいと思います。

そもそもAPIとは

まず、APIについて説明します。APIという言葉はエンジニアであれば日常的に使う用語だと思いますが、なんとなく聞いたことがあるけど実際はよくわかっていない、という人も多いのではないでしょうか?

APIとは「Application Programming Interface(アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)」の略語です。インターフェイスには、何かと何かをつなぐ接点という意味があります。すなわちAPIとは、アプリケーションをプログラミングするための接点と言えます。

よく「APIが公開されました!」という言い回しを聞くことがありますが、これは、「ソフトウェアの機能に外部と連携できる窓口(API)を設置しました!」ということです。このAPIを使用することで、他のソフトウェアやアプリケーションとAPIを介して連携することができます。

Zoom APIでできること

では、Zoom APIを使用するとどんなことができるようになるのでしょうか?

Zoomとは「オンライン会議ツール」です。オンラインで1対1や複数人でのテレビ電話をすることができます。また、チャット機能や画面共有などの機能もついています。

▼リモート会議ツールについての記事はこちら

みんなはどれを使ってる?5つの無料リモート会議ツール比較

チャットやテレビ電話ができるZoom APIがあるということは、他のアプリケーションで独自にチャット機能やビデオ電話の機能を開発しなくとも、APIを介して簡単にそれらの機能を追加できるということです。

チャット機能のあるアプリケーションにZoom APIを介してテレビ電話の機能を追加したり、ホームページやアプリケーションからワンクリックでテレビ電話を開始できるように設定し、企業のお問い合わせや製品のカスタマーセンターとして活用することができます。また、社内独自のアプリケーションでZoomの機能を追加することで、プロジェクト管理や社内の進捗管理、作業中にわからないものがあるときなどにワンクリックですぐに連絡を取ることができます。

Zoom APIを利用するには

Zoom APIは、Marketplaceから無料で利用できます。

zoomアカウントにサインインした状態で、右上のdevelopでBuild Appを選択します。その後はzoom機能を追加したいアプリケーションの種類によって選択するものが異なるため、詳細の説明はここでは割愛させていただきますが、画面の指示に従って進んでいくとAPIを実行するのに必要なAccess Tokenが発行される流れとなっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?APIという単語は聞きなれない人も多いと思いますが、APIを介して複数のアプリの連携が取られています。

従来であればテレビ電話の機能を開発をするには多くの時間が必要ですが、今回のように既存のアプリとうまく連携が取れると開発スピードも早くなります。実際に弊社でも、独自のアプリケーションにZoomの機能を組み込むように開発を行った経験があります。何かわからないことがあれば気軽にご相談ください。


▼お問い合わせはこちら
お問い合わせ


AI interface 株式会社RAKUDO、100年後の働き方を創る

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【株式会社RAKUDO】
下記の事業を中心に行なっている名古屋の企業です。

●エンタメ系や製造業の方に向けたVR/AR/MR開発
●モーショントラッキングのデータ作成サービス
●AI開発が楽になるプラットフォーム「AI interface」

お困りのことがあれば些細なことでもお気軽にご連絡ください。
一緒にアイディアを形にしましょう!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ITカテゴリの最新記事