コロナウイルス対策にもなる!?リモートワークとは

コロナウイルス対策にもなる!?リモートワークとは

最近はコロナウイルスが世間のニュースを賑わせていますね。
感染拡大防止のためにイベントが中止になったり、観光客が激減するなど、様々な影響があります。

そんな中、不特定多数の人と接触する公共交通機関を使用して、多くの人が出入りする職場へ出勤することは適切と言えるのでしょうか?

この記事では、このような不測の事態にも対応できる「リモートワーク」について紹介します。

リモートワークとは

リモートワーク
リモートワークとは、会社に出勤せずに自宅やカフェ、コワーキングスペースなど、場所にとらわれずに仕事を行う働き方です。社内チャットツールやWeb会議システムなどIT技術の発達により、ネット環境があれば、仕組みを整えることでこれまでオフィスでしかできなかった業務も遠隔でできるようになりました。

現在では大企業からベンチャー企業まで、多くの企業が様々な形でリモートワークを導入しています。
全ての仕事をリモートワークで行なっている企業もありますが、通勤時間を短縮したい場合や、今回のコロナウイルスのような不測の事態が起こった場合など、部分的にリモートワークを導入している企業もあります。

リモートワークのメリット

リモートワークや従業員にとっても、企業にとっても様々なメリットがあります。

従業員のメリット

リモートワーク _従業員のメリット

・コロナウイルスなどの感染症の影響を最小限にできる

今の時期の最大のメリットはこれではないでしょうか?

リモートワークでは働く場所を自由に選択することができます。このような場合は自宅で作業を行うことで、コロナウイルスに限らず、インフルエンザや風邪など、人との接触により感染する病気の影響を最小限にすることができます。小さなお子様がいる方や、家族と一緒に住んでいる方は自宅に菌を持ち込む心配も軽減します。

・通勤時間がかからない

通勤時間が大好きで憩いの時間になっている、という人は少ないのではないでしょうか?有効に時間を活用するために読書や勉強をしようと思っても、通勤ラッシュの電車やバスの中では現実的ではありません。通勤ラッシュの電車が大きなストレスになっている声もよく聞かれます。

リモートワークはそのようなストレスを解消するにはもってこいの働き方と言えます。さらに、往復の通勤時間がなくなることで、自分の時間を確保できるようになります。睡眠や家族との時間を充実させることで、結果的に業務の生産性向上にも繋がります。

・従業員それぞれの働き方が選べる

会社の従業員には一人暮らしの人もいれば、家庭を持っている人、子育て中の人など様々な状況の人が働いています。特に、育児や介護などを行なっている方は、朝や夕方の時間はとても貴重だと思います。その時間を通勤に当てるのではなく、それぞれのライフスタイルに合わせて業務を行うことができます。

企業のメリット

リモートワーク_企業のメリット

・コスト削減

企業は、従業員がオフィスに出勤しないとなると、通勤のための交通費やオフィスの電気代、机や椅子などの設備にかかるコストを削減することができます。また、リモートワークの導入規模によっては大きなオフィスも必要なくなるかもしれません。

・人材確保

リモートワークを導入している企業では、優秀な人材を地方や海外など地域を問わずに採用することができます。気になる企業があっても場所の問題から、エントリーしていない人も数多くいると予想されます。場所の制約がなくなるだけで、採用の幅は格段に広がるのではないでしょうか。

また、育児や介護など時間的な制約ができてしまった場合や、家族の転勤などによる通勤圏外への転居する必要がある場合でも、リモートワークで業務を行うことができれば離職を防ぐことができます。ライフステージの変化に柔軟に対応できることは、企業にとっても従業員にとっても必要不可欠ですね。

リモートワークの課題

リモートワークの課題
弊社でも実際にリモートワークを導入しています。従業員の意思により、特別な事情がなくとも自宅やその他の場所で業務を行うことができます。各従業員の状態に合わせて働き方を選択できることはとても良いことですが、リモートワークが万能であるとも限りません。

そこで、実際にリモートワークを行い、課題であると感じた部分について紹介していきます。

対面でのコミュニケーションが減る

会社に出社しないため、上司や同僚と直接顔をあわせる機会が減ってしまいます。それにより、わからないことやアドバイスしてほしいことがあっても気軽に相談できないことや、些細なことの情報共有がしにくくなることが予想されます。

それを防ぐために、チャットツールやWEB会議を上手く活用したり、スムーズなコミュニケーションを仕組み化する必要があります。また小さなことですが、チャットで絵文字を使うことで従業員同士の感情も共有でき、顔を合わせていなくても人間味のあるコミュニケーションが取れるのではないでしょうか?実際に、弊社でもチャットツールでやりとりを行う際は絵文字を活用しており、絵文字は社内のチャットでのやりとりにおいて良い影響を与えていると感じています。

また、WEB会議も多くの場面で活用していますが、接続が不安定になり音声や映像が遅れることも多々あります。この点については、2020年春から導入される5Gが解決してくれると期待をしています。また、新しい会議の方法としてVR会議も活用されていくと考えられます。VR会議では空間を共有できるため、音声電話やテレビ電話より一層リアルに近いコミュニケーションが可能になります。

▼5G×VRに関する記事はこちら
5Gでどう変わる?VRの未来の形

セキュリティ対策が必要

リモートワークでは会社のパソコンの持ち出しや、従業員の私用デバイスを使って業務をすることが必須になり、セキュリティの低下が懸念されます。従来の勤務方法では、社内ネットワークのみでセキュリティ対策を万全にすることができましたが、社外のネットワークから情報漏えいに繋がるなどの危険性があります。

リモートワークをするにあたりどこからでも社内の情報にアクセスできることは必須なので、社外で利用する電子機器に基本的なセキュリティソフトがインストールされていることを確認したり、情報を暗号化するなど、セキュリティを強化して対策する必要があります。

勤怠管理が難しい

リモートワークでは実際に働いている姿を目にすることはほとんどないため、勤務時間の管理や、勤務時間中に業務を行なっているか把握することが難しくなります。従業員同士の信頼関係が構築されていれば問題ありませんが、実際に確認できないことを不安に感じる人もいるかもしれません。

このため、会社の規模や業務の内容によっても異なってくるため、会社に合った方法を模索し、事前に社内でルール化しておく必要があります。弊社ではオンラインで打刻できる勤怠管理システムを使用して勤怠管理を行なっていますが、定時に連絡をして状況を報告する、日報を書くなど方法は様々です。また、5Gが普及すればバーチャルオフィスツールも活用できるのではないかと考えます。

作業環境を整える必要がある

エンジニアなど業務にスペックの高いパソコンが必要な場合は、パソコンを社外から持ち出すことができれば問題ありませんが、そういう訳にはいかない場面もあると思います。業務に必要なパソコンやデータが持ち出せない場合は、リモートデスクトップの設定を行うなどの準備が必要になります。さらに、業務をストレスなく行うためには作業環境のネットワークのスペックも重要になります。また忘れがちですが、腰が痛くなってしまったり、体調を崩してしまっては本末転倒なので、机や椅子など身体になるべく負担のかからないものを準備することも重要です。

余談ですが、家で業務を行なっていると家族から仕事をしていないと思われ、家事などを依頼されるとの話もよく耳にします。リモートワークについて、家族の理解を得ることも忘れてはいけませんね。

まとめ

コロナウイルスの感染拡大が懸念されている今、企業はリモートワークという選択で従業員の身を守るための対策をすることが可能です。また、コロナウイルスがなくとも、従業員の選択肢が増え、働きやすくなることは大きなメリットですね。

ただし、リモートワークをただ導入するのではなく、事前にセキュリティ対策やコミュニケーションの方法、情報共有の方法、勤怠管理などについて社内のルールを整備することが重要です。コロナウイルスをきっかけに、今までの働き方について再度検討しても良いかもしれませんね。


▼お問い合わせはこちら


AI interface 株式会社RAKUDO、100年後の働き方を創る

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【株式会社RAKUDO】
下記の事業を中心に行なっている名古屋の企業です。

●エンタメ系や製造業の方に向けたVR/AR/MR開発
●モーショントラッキングのデータ作成サービス
●AI開発が楽になるプラットフォーム「AI interface」

お困りのことがあれば些細なことでもお気軽にご連絡ください。
一緒にアイディアを形にしましょう!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その他カテゴリの最新記事