Oculus対応!VRアプリ「Bigscreen Beta」って何?

Oculus対応!VRアプリ「Bigscreen Beta」って何?

はじめに

自宅に大きなスクリーンがあったら、、、。
大画面でゲームをしたり映画を観たりできたら、、、。

こんなことを考えたことはありませんか?

今回は、VR空間上でバーチャルデスクトップが使用できたり、家にいながらにして大画面で臨場感を感じながらテレビや映画を観ることができるVRアプリ「Bigscreen Beta」について紹介します。

Bigscreen Betaとは

Bigscreen Betaとは、カリフォルニアに拠点を置くスタートアップ企業「Bigscreen」が2016年4月に配信した、バーチャルデスクトップのアプリです。VR空間にデスクトップ画面をストリーミングすることができます。

最大12人までアクセス可能であり、遅延の少ない、高画質なストリーミングを実現しているため多くのVRユーザーに親しまれています。VRならではの没入感に浸りながら、離れた場所にいる人とバーチャル空間で会って一緒に映画鑑賞をしたりゲームができるのは新しい体験ですね。
このBigscreen Betaは、OculusやHTC VIVEのなどの主要なVRプラットホームに対応しており、無料でダウンロードできます。

また、バーチャルデスクトップの機能意外にテレビや映画を観ることができる機能が実装されているため、それぞれについても紹介させていただきます。

The Bigscreen TV

The Bigscreen TVは、CNNなどの50種類以上のTV番組を視聴することができる機能です。50種類以上あるチャンネルは、映画やコメディ番組、スポーツ番組、ニュース番組など多岐にわたります。また、各テレビ番組のほかにも、YouTubeやTwitchなど動画配信サイトの視聴も可能です。

The Bigscreen TVでは、バーチャルデスクトップのストリーミング機能とは違い、アプリ内から各チャンネルを直接視聴することができ、最大8人で利用可能です。

(引用:Bigscreenチャンネル)

Bigscreen Cinema

Bigscreen Cinemaは、VR空間内の大画面で映像を楽しむことができるものです。Bigscreenはアメリカの大手映画会社パラマウント・ピクチャーズと複数年の映画配信契約を結んでいます。

毎週4本の映画が1週間上映され、翌週には次のラインナップに切り替わる仕様になっています。映画を観るためには、1本あたり400〜500円のチケットを購入したり、仮想の映画館での座席の指定をする、仮想ポップコーンを持って3Dまたは2D映画を鑑賞する、など実際の映画鑑賞と同様の体験を「どこにいても、誰とでも」することができます。

また、音声チャットも可能であるため、遠隔地にいる友人と会話をしながら映画を観ることも可能です。さらに、プライベート上映とパブリック上映から選択でき、パブリックの場合は上映中にうるさい客がいた場合は個別にミュートしたり、全ミュートもすることもできるため、その時の気分に合わせて最適な環境を自分で作り出すことができます。

(引用:Bigscreenチャンネル)

まとめ

Bigscreen Betaを使うことで、VR空間で大画面でPC作業を行えるようになります。またそれだけではなく、実際の友人や世界中の全く知らない人と一緒に映画を観るなど、交流することができます。

自宅にいながらにして非日常的な体験ができるのは興味深いですね。

OculusやHTC VIVEなどのデバイスをお持ちの方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?
また、VRについて全然知らなかった方も新しい世界をのぞいてみてはいかがでしょうか?

VRに関して、何かお困りのことがあればお気軽にご相談ください。

▼VRやOculusについての記事はこちら
仮想の世界に入り込める!?VRについて解説
Oculus Questの内容物とセットアップの方法
【製造業向け】VR空間で溶接訓練ができる!?


▼お問い合わせはこちら
お問い合わせ


AI interface 株式会社RAKUDO、100年後の働き方を創る

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【株式会社RAKUDO】
下記の事業を中心に行なっている名古屋の企業です。

●エンタメ系や製造業の方に向けたVR/AR/MR開発
●モーショントラッキングのデータ作成サービス
●AI開発が楽になるプラットフォーム「AI interface」

お困りのことがあれば些細なことでもお気軽にご連絡ください。
一緒にアイディアを形にしましょう!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

AR/VR/MRカテゴリの最新記事