それもARだったのか!ARについて解説

それもARだったのか!ARについて解説

VRと合わせて「AR」と言う言葉を耳にしたことはありませんか?

この記事では、ARとは何か、どのように活用されているのか、ご紹介させていただきます。

ARとは

ARとは、「Augmented Reality」の略です。

AR(Augmented Reality)とは、コンピューターを利用して、現実の風景に情報を重ね合わせて表示する技術。拡張現実。

(引用:コトバンク)

使用用途としては、スマートフォンやヘッドマウントディスプレーを通して現実の風景を見る際に、建物の名称を表示したり、過去に存在した建物を再現表示するといった利用方法があります。

世界中で流行したアプリケーション、「ポケモンGO」や、カメラアプリの「SNOW」にもARの技術が活用されています。

AR開発に必要な技術

AR開発の際には、VR開発と同様、「Unity」や「Unreal Engine」を使用しています。

それぞれの説明はVRに関する記事に記載したので、そちらをご確認ください。
▶︎VRとは〜概要・必要な開発スキル・活用例〜

スマートグラスとは

スマートグラス

「ポケモンGO」や、カメラアプリの「SNOW」など、スマートフォンで完結するARもありますが、スマートグラスはご存知でしょうか?

スマートグラスとは、メガネの形をしたウェアラブル端末です。カメラやマイク、ディスプレイを搭載しており、インターネットとの接続も可能です。また、Bluetoothも搭載しており、スマートフォンなど他の機器とも接続可能です。

言葉だけ聞くと難しそうなイメージを持たれがちですが、スマートグラスを通して見えているものに、付箋のように情報を貼り付けるようなイメージをしていただけるとわかりやすいかと思います。スマートグラスは実際に見ている光景に重ねてデジタル情報を表示させ、実世界に情報を付加することができる点で、まさに拡張現実(=AR)と言えます。

ARの活用例

スマホゲーム

ARを使用したスマホゲームにはGPS機能と合わせて遊ぶことができる「ポケモンGO」や、「ドラゴンクエストウォーク」などはよく耳にしたことがあるのではないでしょうか。これらのゲームは、自らがポケモンやドラゴンクエストの世界の主人公となって街を歩き、冒険を進めていくRPGゲームです。

これらのゲームを通して、今までは画面の中にしかなかった世界が現実世界に飛び出しているような、今までにはない体験ができます。また、実際に身体を動かして街を歩く必要があるため、運動不足解消や、今までは知らなかった場所に行ってみるきっかけになると考えられます。ゲームを通して現実世界での活動の幅も広がるのは一石二鳥ですね。

▼ドラゴンクエストウォーク発表PV

カメラアプリ

SNOW
(引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000019451.html)

カメラアプリは顔認識機能とARの技術を合わせて開発されており、「SNOW」が有名ではないでしょうか。SNOWでは、様々な顔認識スタンプや、フィルター、メイク機能などが無料で利用できます。

今や若い世代だけではなく、多くの人がこのようなカメラアプリを使用しています。簡単に面白い加工ができたり、肌ツヤの良い写真が撮影できるのは嬉しいですね。

地図アプリ

2019年5月より、「Googleマップ」にAR機能が追加されました。また、「Yahoo! MAP」にもARモードがあります。

これらのアプリは、カメラで写した実際の風景に、ルートや看板などのナビゲーション要素をビジュアルとして重ねることで、目的地までの方向や距離を立体的に確認できるようにするものです。下の動画をご覧いただければイメージしやすいかと思いますが、これだけしっかり案内があれば道に迷うことはなくなりそうですね。

ただし、画面にばかり気を取られてしまうと他の人とぶつかったりする危険があるため、注意したいところです。

▼Yahoo! MAP機能紹介動画

(引用:YahoojpMapチャンネル)

製造業

最後に、上記の3つの活用例とは少し違った切り口でのARの活用例です。

(引用:SAPJAPANチャンネル)

大きな工場での集積作業にARが使われています。

ARを使用することで必要なものがある場所を直感的にわかりやすく表示することが可能です。さらに、スマートグラスを装着して音声で操作をすることが可能になるため、両手が空き作業効率化に繋がります。また、バーコードの読み取り機能を使用することで集積の間違いも大幅に軽減するのではないでしょうか。

このような集積作業以外にも、検品作業や製造業に従事する方のトレーニング等にもARは活用されています。

おわりに

ARがどのようなものか、ご理解いただけたでしょうか?

多くの人に馴染みのあるスマホアプリから、製造業などの専門的な分野など幅広く活用されています。現実世界にデジタルの情報を追加できるARは、うまく使うことで業務の効率化などに繋がります。

ARを正しく理解して、どんどん活用していきたいですね!


▼お問い合わせはこちら


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【株式会社RAKUDO】
下記の事業を中心に行なっている名古屋の企業です。

●エンタメ系や製造業の方に向けたVR/AR/MR開発
●モーショントラッキングのデータ作成サービス
●AI開発が楽になるプラットフォーム「AI interface」

お困りのことがあれば些細なことでもお気軽にご連絡ください。
一緒にアイディアを形にしましょう!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
AI interface 株式会社RAKUDO、100年後の働き方を創る

AR/VR/MRカテゴリの最新記事