簡単!AI interfaceを使ってできること

簡単!AI interfaceを使ってできること

はじめに

近頃、チャットボットなどのAIが搭載された商品が身近な存在になってきました。

それに伴い、従来は専門的な知識や技術が必要であったAI開発が、より簡単にできるようなツールが出てきています。
これからさらに、プログラミングやAI開発に関する専門的な知識がなくてもアイディア次第で様々なサービスを作成できる環境が整備されていくことが期待されます。

AI interfaceとは

AI interfaceとは、様々なAIサービス(IBM Watson, GCP, Amazon AI, その他独自開発AI)を組み合わせ、マルチデバイスで簡単にアプリ化することができるサービスです。
音声認識、画像認識、音声合成などの技術を組み合わせ、そこに3DキャラクターやテキストやボタンなどのUIを簡単に設定できます。
AI interfaceの仕組み

▼AIサービスや、AI interfaceに関する詳しい説明はこちらの記事をご参照ください。
AI開発者が泣いて喜ぶ!?AI interfaceでAI開発における課題を解決

AI interfaceを使ってできること

以下に、AI interfaceを使ってできるものの例を4つ挙げさせていただきます。

1. スマート看板

スマート看板,デジタルサイネージ
まず1つ目は、スマート看板です。

スマート看板には様々な形がありますが、ショッピングモールや駅にあるデジタルの館内案内板や、デジタルの広告などをイメージしていただけるとわかりやすいかと思います。
また、まだあまり街中で見かけることはありませんが、今後はスマート看板に顔認識機能を搭載し、性別や年齢を判断してその人に合わせた広告が表示されるようになっていくと考えられています。

女性には化粧品の広告、男性にはビジネススーツの広告といったように、その人に最適な広告が表示される未来を想像すると、少しワクワクしませんか?

AI interfaceを使うことで、このようなスマート看板を作成することができます。

・AIプロバイダー:画像認識
・ビュワー:館内案内図や背景、広告などの画像

上記の2つをAI interfaceに接続し、サイネージなどのデバイスで出力するだけでスマート看板が完成します。

2. 顧客対応

AI店員
2つ目は、顧客対応についてです。

顧客対応とは、小売店などの店舗でAI店員として店内の案内や商品の情報を伝える働きをするものです。

▼AI店員ができることについてはこちらの記事をご参照ください。
【人手不足解消】AI店員は何ができるの?

・AIプロバイダー:音声認識、音声合成、会話エンジン
・ビュワー:3Dキャラクター、背景、ボタンなど

上記のものをAI interfaceに接続し、その組み合わせ次第でオリジナルのAI店員を作成できます。

3. セールスサポート

セールスサポート
3つ目は、セールスサポートです。

これは、商談中の会話内容をテキストにおこして記録し、それらをテキストマイニング(大量のテキストデータから有益な情報を取り出すこと)するものです。
会話の中で頻繁に使われている言葉や、重要と思われる内容を分析することができます。

顔認識機能と連動させることで、発言とその人の感情との関係性の分析も可能になるかもしれません。
また、会話内容と商談実績のデータを分析することで最適な営業の方法を模索するきっかけにもなり得ます。

使い方次第で可能性は大きく広がりそうですね。
最低限、必要な機能は以下のものになります。

・AIプロバイダー:音声認識、テキストマイニング
・ビュワー:録音ボタン

4. 店舗無人化

無人化
最後に、店舗無人化についてです。

決まった対応や流れがある店舗では、AIにそれらを学習させ、店舗を無人で運営できるようになります。
複数のカメラを設置して顧客行動データを取得し、分析することが可能です。
顧客の年齢性別、あるエリアでの滞在時間など必要なデータを取得し、PCなどの端末で可視化して確認することができます。

・AIプロバイダー:音声認識、音声合成、顔認識、会話エンジン
・ビュワー:3Dキャラクター、背景、ボタンなど

おわりに

いかがでしたでしょうか。

今回はAI interfaceの代表的な4つの使い方についてご紹介しました。
組み合わせは無限大なので、アイディア次第でより便利なAI製品が開発できるのではないかと思います。

ご意見・ご質問等ありましたらお気軽にご連絡ください。
また、AI搭載の商品の開発のご相談も随時受け付けております。


▼お問い合わせはこちら

▼LINE@でも受け付け中です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『名古屋の3D × IT企業 株式会社RAKUDO』
●AIと人のつながりを作るプラットフォーム「AI interface」
●3Dプリンターや3DCAD設計 ●AI、アプリ(Web, iOS, Android)開発
特に...3DとIT技術を組み合わせたソリューションが強み!
①最新3D技術ソフトであるCGとIT技術であるゲームエンジンを組み合わせたVR、ARコンテンツ
②3DCADでデータを作成し、それを3Dプリンターで出力。ハードウェアにPythonでプログラムしたラズベリーパイを搭載するIoTソリューション など...
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
AI interface 株式会社RAKUDO、100年後の働き方を創る

AI interfaceカテゴリの最新記事