【画像付き】IBM Watson / Text to speechとSpeech to textの設定

【画像付き】IBM Watson / Text to speechとSpeech to textの設定

この記事ではIBM Watsonのアカウント登録から各種機能の設定まで順を追ってわかりやすく解説します。

「以前挑戦してみたけど難しくてよくわからなかった」、また、「初めてwatsonを使ってみたい!」という方は必見です。

はじめに

今回はAI受付を作成する場合を例に挙げて、必要な機能の設定方法を解説していきます。

そこではじめに、人間とAIキャラクターが会話を行う流れを解説させていただきます。
AIキャラクターとの会話の流れ
①人間がAI受付に対して話しかけます。
②Speech to textを使用して音声を文字に変換します
③変換した文字をWatson Assistantに入力します。
④それに対する返答を文字で出力します。
⑤出力された文字をText to speechで音声に変換します。
⑥AI受付が音声で返答を行い、私たちに届きます。

上記のような流れで、私たちはAIと会話を行うことができます。
すなわち、AIと会話を行うにはSpeech to text、Watson Assistant、Text to speechの少なくとも3つのAIサービスの設定を行う必要があるということです。

大まかな流れはお分かりいただけたでしょうか?
それでは早速IBMの設定方法を見ていきましょう。

IBM Cloudライトアカウントの登録

まずは、IBMを使用するにあたり、アカウント登録を行います。

IBM Cloudページから「ライト・アカウントを今すぐ登録」をクリックします。

その後、必要な情報を入力してアカウントを作成します。

 

入力し終わったらメールから登録を完了させます。

 

メールの内容は以下のようなものになります。[Confirm Account]をクリックして、、、

 

登録完了です!

 

ログイン

次は、登録完了時に表示された「ログイン」ボタンをクリックします。

IBM IDは登録の際に利用したメールアドレスを入力してください。

 

続行ボタンを押すとパスワードを入力することができるようになるのでパスワードを入力してログインします。

ログイン完了すると、このようにダッシュボードが表示されます!

 

Text to speechの設定

次はText to speechの設定を行なっていきます。

左上のメニューバーをクリックするとメニューの一覧が表示されるので、赤丸で囲ってある「Watson」をクリックします。

 

Watsonのサービスが表示されたら左のメニューバーの「サービスの参照」をクリックします。

 

Text to speechの設定を行いたいので「Text to speech」をクリックします。

 

Text to speechに入ると以下の画面が表示されるので、設定を入れます。
ここでは、AI受付を作成する目的なので、タグは「reception」と入れてあります。

作成ボタンを押すと作成完了です!

 Speech to textの設定

Text to speechと同様にSpeech to textをダッシュボード→Watsonから作成します。

作成完了です!

まとめ

今回は簡単にWatsonのText to speechとSpeech to textの設定方法をご紹介させていただきました。
次の記事ではWatson Assistant(会話エンジン)の設定方法を解説しているため、合わせてご確認ください。
▶︎【画像付き】IBM Watson / Watson Assistantの設定

また、ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

※アイキャッチ画像はこちらから引用させていただきました。
(https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/5/51/IBM_logo.svg/2000px-IBM_logo.svg.png)

 


▼お問い合わせはこちら

▼LINE@でも受け付け中です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『名古屋の3D × IT企業 株式会社RAKUDO』
●AIと人のつながりを作るプラットフォーム「AI interface」
●3Dプリンターや3DCAD設計 ●AI、アプリ(Web, iOS, Android)開発
特に...3DとIT技術を組み合わせたソリューションが強み!
①最新3D技術ソフトであるCGとIT技術であるゲームエンジンを組み合わせたVR、ARコンテンツ
②3DCADでデータを作成し、それを3Dプリンターで出力。ハードウェアにPythonでプログラムしたラズベリーパイを搭載するIoTソリューション など...
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
AI interface 株式会社RAKUDO、100年後の働き方を創る

AI interfaceカテゴリの最新記事