AI開発者が泣いて喜ぶ!?AI interfaceでAI開発における課題を解決

AI開発者が泣いて喜ぶ!?AI interfaceでAI開発における課題を解決

はじめに

近年、人工知能やAIという言葉自体は誰でも聞いたことがあるものになっています。
しかし、まだまだ研究段階であり専門的な知識が必要な部分が多いと感じています。

今回はそんなAI開発における課題とその解決方法をまとめました。

AI開発者の方や、AIに関わる方はぜひご覧ください。

AI開発における課題

早速ですが、現状のAI開発における課題について2つの点が挙げられます。

課題1:複数のAIを組み合わせて使うことが難しい

スマートスピーカー
1つ目の課題は「複数のAIを組み合わせて使うことが難しい」ということです。
日常にあるスマートスピーカーを例にあげると、スマートスピーカーは音声認識や音声合成、会話エンジン、翻訳機能など、様々なAI機能が組み合わさって成り立っています。しかし、このように様々なAI機能を複合的に利用するためには技術が必要であり、限られた人にしか開発できません。

課題2:実用的なインターフェイスがない

インターフェイスについての課題
2つ目の課題は、「実用的なインターフェイスがない」ということです。
本来AI開発は高度な数学の知識が必要であり、誰にでもできるものではありません。しかし、IBM WatsonやAmazon AIなどのAIサービスを利用することで、画像認識や音声認識などの単体のAI機能を作成することが可能になりました。実際に現在では、高度な数学の知識がない人でもIBM WatsonなどそれぞれのAIサービスに従って設定を行い、AI機能を作成することができます。

しかし、それらをテストするツールがないこと、すなわち「実用的なインターフェイスがない」ことが現在のAI開発の課題として挙げられます。

※インターフェイスとは英語で2者間の境界面や接触面などといった意味を持つ単語です。すなわち、AIと人の接点となる部分のことです。

AIサービスについて

ここで、IBM WatsonやAmazon AIなどのAIサービスについて少し説明します。

AIサービスとは

IBM WatsonやAmazon AIなどのAIサービスを使用することで、顔認識や音声認識、音声合成などの各種AI機能を開発することができます。人間で例えると「目」や「口」などひとつのパーツ(機能)を作成するようなイメージです。

AIサービスとは

しかし、「目」や「口」だけが単体で存在していても活用できません。
機能的なAIとして日常で活用するには、単体のAI機能だけではなくそれらを管理システムに連結させ、複合的に利用する必要があります。
そうすることで初めてスマートスピーカーやAI技術を使用した業務システムなど、機能的なAIになります。
AI機能を組み合わせる

複数のAI機能を組み合わせるには?

では、複数のAI機能を組み合わせるにはどうしたら良いのでしょうか?

AI機能の組み合わせ

複数のAI機能を組み合わせるには、上記の図のように、管理システムと各種AI機能を連結させる必要があります。
こうすることで複合的にAI機能が関わり合い、人間の複雑な要求に答えることができるAIが誕生します。

AIを活用するためには複数のAI機能を複合的に利用することが必要不可欠です。

(ブロックとブロックをくっつける様に簡単に行けば万々歳なのですが。。。。)

複数のAI機能の連結方法

1つ目の課題として挙げた「複数のAIを組み合わせて使うことが難しい」という点について、従来の方法とAI interfaceを使用した方法を比較してみましょう。

従来の方法

従来の方法では以下のようにコードを書くこと以外に方法がありませんでした。AIサービスの種類やAI機能の種類によってデータフォーマットが大きく異なるため、開発者の学習コストや実装後のエラー修正など、できる人が限られる上に時間がかかる作業でした。

従来の方法はコードを書く

AI interfaceを使った方法

では、AI interfaceを使用した場合はどうでしょうか?

従来のコストのかかる作業をAI interfaceで代用することが可能です。複数のAI機能を組み合わせるためにコードを書く必要は全くなく、必要な情報をコピー&ペーストするだけで自由にAI機能を組み合わせることができます。これにより、本来は専門的な知識がある人にしかできなかった作業が誰でも簡単にできるようになります。
AI interfaceを使用したらコピペだけで良い

インターフェイスについて

2つ目の課題として挙げた「インターフェイスがない」という点についてです。AI interfaceにはAI機能と人とのインターフェイスとなる専用のビュアーアプリが用意されています。そのため、AI機能の設定に加え、キャラクターやUIツールの設定を行うだけで誰でも簡単にAIの動きを確認することができます。(ビュアーアプリ無料!)

AI interfaceの仕組み

▼実際のビュアー画面
AI interfaceビュワー

費用と時間の比較

従来の方法で作業を行なった場合と、AI interfaceを使用して作業を行なった場合に要する時間を比較しました。AI interfaceを使用することで従来の方法で75%の割合を占めていたプロトタイプのテストや実装にかかる時間を削減することができます。

時間の削減

また、4つのAI機能を組み合わせる作業を時給5,000円のAIエンジニアが行なった場合を想定して、従来の方法とAI interfaceを使用した場合にかかる費用についても比較しました。その結果、240万円の経費削減になります。

費用の削減

すなわち、AI interfaceを使用することで時間も費用も4分の1に削減できるということです。これにより、エンジニアの仕事効率が向上し、開発により注力することができます。

まとめ

現状のAI開発における課題とその解決方法について記載させていただきました。

AI interfaceを使用することで自由にAI機能の組み換えを行い、それらを専用のビュアーアプリを通して簡単に試すことができるようになります。これにより試作品を作成し、修正を重ねるという流れが円滑になり、今まで以上に精度の高いAIを開発する手助けになることが期待されます。

AIをうまく活用し、効率を最大にすることにより無駄を省き、嫌な仕事は人間以外にまかせ、人間はより付加価値の高い仕事ができるようになると良いですね!

▼AI interfaceに関する記事はこちら
10分で完了!AI interface導入までの流れ
簡単にボタンや画像が作成できるUIテンプレート


▼お問い合わせはこちら

▼LINE@でも受け付け中です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『名古屋の3D × IT企業 株式会社RAKUDO』
●AIと人のつながりを作るプラットフォーム「AI interface」
●3Dプリンターや3DCAD設計 ●AI、アプリ(Web, iOS, Android)開発
特に...3DとIT技術を組み合わせたソリューションが強み!
①最新3D技術ソフトであるCGとIT技術であるゲームエンジンを組み合わせたVR、ARコンテンツ
②3DCADでデータを作成し、それを3Dプリンターで出力。ハードウェアにPythonでプログラムしたラズベリーパイを搭載するIoTソリューション など...
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
株式会社RAKUDO、100年後の働き方を創る fabcube | 名古屋の3D CAD、3Dプリンター、CG、IT企業

AI interfaceカテゴリの最新記事