今後AIの活用が進みそうな業種について考えてみた。

今後AIの活用が進みそうな業種について考えてみた。

人手不足が問題となっている今、業務の効率化が求められています。
そこで単純作業を任せられるのはAIやロボットではないでしょうか?

これからAIがどんな場面で活用されるようになっていくか、考えてみました。

AIが活用されそうな業種

小売店のAI店員

小売店では深刻な人手不足が問題となっています。
簡単な接客自動翻訳による外国人の対応はAI店員に任せることができるのではないでしょうか。
また、会話内容や顔認識機能から顧客の情報を収集し、曜日や時間帯ごとでの売上げ予測などができる点は人にはないAIならではの利点ですね。

▼AI店員に関する記事はこちら
【人手不足解消】AI店員は何ができるの?

会社の受付


会社の受付業務には来客対応や社内の案内など様々な業務があります。
AI受付であれば、顔認識機能を使用して来客者の顔を記憶するのと同時に、名刺などからその人の情報収集することができます。人間だとどうしても忘れてしまったり、シフトで入っている場合や異動になった場合は情報共有が難しい部分がありますが、AIで代用することとでより質の良い業務ができるのではないでしょうか。

また、顔認証で社員の勤怠管理や休憩時間の管理も可能です。カードキーを持ち歩いたり、パスワードを覚えたりする必要がないのも良いですね。

イベント会場やテーマパークでの案内


イベント会場やテーマパークでAI搭載のキャラクターを使用して場所の案内やスケジュールの案内を行うことができます。AI搭載のキャラクターを使用することで世界観を壊すことなく情報を伝えられるのではないでしょうか。
また、大きな会場などで使用する場合、デジタルサイネージを複数設置してもパソコン1台で全ての設定ができるため、とても使いやすいのではないかと思います。

ただし、電子機器であるため、屋外では天候や設置する場所に配慮が必要かもしれません。

教育場面


最近は小学生にもタブレットは当たり前のものになって来ました。
タブレット上で歴史上の人物が動き出し、自分で生い立ちなどを説明したら面白そうじゃないですか?
また、タブレットであれば動画も見ることができるため、より勉強内容を理解しやすくなると考えます。

セキュリティ対策


人目が届きにくい場所などにAI搭載のキャラクターを設置しておくことで、犯罪の抑止になるのではないかと考えました。怪しい動きがある場合に声をかけたり、顔認識や音声認識、録画機能などを使用して記録を取ることができます。
AI搭載のキャラクターが突然声をかけてきたら、どこまで理解して記録されているのかわからないのでちょっと怖いですね。

まとめ

AIの活用が期待できそうな分野に関して、簡単に考えてみました。
実際の導入には、AI部分の作り込みや顔認識や音声認識の精度を向上させることが必要です。

単純作業などの仕事はAIやロボットに任せ、人間はより創造的な仕事ができるようになると面白いですね!


▼お問い合わせはこちら

▼LINE@でも受け付け中です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『名古屋の3D × IT企業 株式会社RAKUDO』
●AIと人のつながりを作るプラットフォーム「AI interface」
●3Dプリンターや3DCAD設計 ●AI、アプリ(Web, iOS, Android)開発
特に...3DとIT技術を組み合わせたソリューションが強み!
①最新3D技術ソフトであるCGとIT技術であるゲームエンジンを組み合わせたVR、ARコンテンツ
②3DCADでデータを作成し、それを3Dプリンターで出力。ハードウェアにPythonでプログラムしたラズベリーパイを搭載するIoTソリューション など...
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
AI interface 株式会社RAKUDO、100年後の働き方を創る

AI interfaceカテゴリの最新記事