【人手不足解消】AI店員は何ができるの?

【人手不足解消】AI店員は何ができるの?

多くの小売店で人手不足が問題となっていますが、

「人手不足は解消したいけど、AIはよくわからない」
「AI店員という言葉はなんとなく耳にしたことがあるけど未来の話」

という方は多いのではないでしょうか?

今回はAI店員のできることをご紹介します。

AI店員とは

AI店員とは、人間のスタッフの代わりにAI(人工知能)を使用して、お客様の接客やデータ管理を行うシステムです。

AI店員ができること

接客


接客にも色々なものがあると思いますが、AI店員ができるような接客は以下のようなものがあります。

・来店者が探している商品が店内のどこにあるか、場所を案内する。
・欲しいもののイメージをヒアリングし、オススメの商品を提案する。
・接客していない時間は客引きを行う。

自動翻訳で外国人の対応


これは外国人のお客様が多いお店では即戦力になるのではないでしょうか。

翻訳機能を利用することで英語はもちろん、その他の言語にも対応できます。

売上予測


会話内容や顔認識機能から来店者の情報を収集し、曜日や時間帯ごとでの売上予測を行うことができます。

防犯対策


人手不足の小売店では、万引きなどの犯罪は一定数発生しているとのことをよく耳にします。

AI店員には顔認識機能がついたカメラが搭載されているため、怪しい行動をしている人がいる場合に声をかけたり、録画をして記録することができます。

お花屋さんのAI店員「エレーヌ」

AI店員の実例として、弊社と株式会社SPJ様で共同で開発したお花屋さんのAI店員「エレーヌ」がいます。

エレーヌは来店者との会話を通して好みや希望を聞き取り、商品の提案などを行います。
また、来店者の顔を認識し、過去の購買履歴などを踏まえて花を選ぶことができます。

実際にエレーヌが接客している動画があるのでぜひご覧ください。

花の提案だけではなく道案内もできるのは、土地勘がないお客様にも喜ばれそうですね。

AI店員が簡単に作れる!AI interface

AI店員がどんなものかお分かりいただけたでしょうか?

この記事で紹介したようなAI店員が簡単に作れるプラットフォームが「AI interface」です。
用途に合わせて簡単にキャラクターを変更したり、AI部分を組み替えることができます。

詳細はAI interfaceホームページをご覧ください。

▼2019年1月11日まで
AI interfaceリリース記念キャンペーン!

▼AI interfaceに関する記事はこちら
【AIと人を繋げるプラットフォーム】AI interfaceとは

まとめ

AI店員の良いところをたくさん紹介しましたが、まだAIは発展途上の段階にあるため、どんなご要望にも対応できる訳ではありません。

このようなAI店員を作成するには、職種や業務内容に沿った会話のシナリオ作成が必要です。
また、人が混み合っている場所などでは、音を拾いにくくなるため配慮が必要です。

AIに任せられる部分と、人にしかできない部分を分け、効率的にAIを活用していきましょう!

わからないことや気になることがある方はお気軽にお問い合わせください。


▼お問い合わせはこちら

▼LINE@でも受け付け中です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『名古屋の3D × IT企業 株式会社RAKUDO』
●AIと人のつながりを作るプラットフォーム「AI interface」
●3Dプリンターや3DCAD設計 ●AI、アプリ(Web, iOS, Android)開発
特に...3DとIT技術を組み合わせたソリューションが強み!
①最新3D技術ソフトであるCGとIT技術であるゲームエンジンを組み合わせたVR、ARコンテンツ
②3DCADでデータを作成し、それを3Dプリンターで出力。ハードウェアにPythonでプログラムしたラズベリーパイを搭載するIoTソリューション など...
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
AI interface 株式会社RAKUDO、100年後の働き方を創る

AI interfaceカテゴリの最新記事