HACKATHON(ハッカソン)に参加しました!

HACKATHON(ハッカソン)に参加しました!

こんにちは。株式会社RAKUDOです。
突然ですが、「HACKATHON(ハッカソン)」って聞いたことありますか?

IT業界ではよく耳にする言葉ですが、実際にどんなことをしているのか知らない人もいるのではないでしょうか。

そんなハッカソンに協賛企業として参加してきたので、レポートします!

ハッカソンとは

ハッカソン(Hackathon)とは、ハック(Hack)とマラソン(Marathon)を掛け合わせたIT業界発祥の造語です。

エンジニア、デザイナー、マーケターなどWebデザインやシステム開発に携わる複数人のチームを編成して行います。
それぞれのチームが与えられた時間(数時間〜1週間程度までさまざま)でアイデアを出し合い、新しい商品やサービスなどを開発し、その成果を競うものです。

多くの企業がハッカソンを主催しており、国内の様々な場所でハッカソンは開催されています。

今回のハッカソンの概要

今回の名古屋ハッカソンは、名古屋市主催の「イノベーター育成・ビジネス創出プログラム“NAGOYA BOOST 10000”」という取り組みの一環として行われました。

これは、共創によるビジネス創出、AI・IoT分野における新しいビジネスの創出と、若手人材の育成を目的としており、イノベーターを育成する3つの取り組みで構成され、新しい産業を生み出すエコシステムの形成を目指しています。

(NAGOYA BOOST10000公式HPより引用)

以下の3つのプログラムで構成されており、その1つに「ハッカソン」があります。(上の図もご参照ください)

「NAGOYA HACKATHON(ハッカソン)」(平成30年9月)
特定のテーマのもと、最新技術を使った新しいビジネスアイデアをグループで検討し、その内容を競う。

②「AI・IoT人材BOOSTプログラム」(平成30年10月〜平成31年2月)
AI・IoTにおける最新プロトタイピング技術を始め、それらの技術を使った事業開発に必要な様々なスキルと知識、開発プロセス全般について、数ヶ月かけて学ぶ。

③「NAGOYA BOOST DAY」(平成31年2月)
①や②で生まれたアイディアなどの成果発表を行い、新規事業発掘、事業マッチング、人材発掘、スタートアップ発掘などを行い、NAGOYA BOOST 10000で生まれたアイデアと人材が、次のステップに進む土台を作る。

※NAGOYA BOOST10000のさらに詳しい情報は公式ホームページをご参照ください。

RAKUDOがサポートするところ

今回のハッカソンでは、弊社は「3Dプリンターとそれに関わる製造知識、3D CADと設計技術の提供」を行いました。

▼弊社にある3ADプリンターについての記事はこちらをご参照ください。
3Dプリンター「Form 2」まとめ
3Dプリンター「UP BOX」まとめ

Form2は光造形式、UP BOXは熱溶解積層方式の3Dプリンターです。
Form2、UP BOXともに比較的安価に購入でき、扱いが簡単なうえに、造形時の失敗が少ないため、初心者にはもってこいの3Dプリンターです。

ハッカソン開催中は、アイディアを3D CADで設計するお手伝いや、それを出力するお手伝いをさせていただきました。

ハッカソン開催中の様子

今回のハッカソンは下記のような日程で、2日間に渡って行われました。

(NAGOYA BOOST10000公式HPより引用)

会場は名城大学で、このような様子でした。とっても綺麗な施設!
約10チームが参加しています。

弊社ではこのようなかたちで3Dプリンターを提供。フル稼働で大活躍してくれました。

今回のハッカソンのテーマは、『健康(医療・福祉・スポーツ)の分野と最新技術を掛け合わせて新しい製品・サービスを作り出す』というものでした。

それぞれのチームが2日間に渡り考えたアイデアの中でも、優秀賞に選ばれた3チームについてご紹介させていただきます。

チーム名 内容
最優秀賞 フレAI 産後クライシス(出産後の2〜3年の間に夫婦仲が悪化すること)を防ぐために、
育児について簡単に記録・共有できるようにサポートする
優秀賞 レクランド名古屋 働く世代が楽しんで運動を続けられるために、
名古屋の街をストリートスポーツテーマパークにする
優秀賞 チームお薬ポン 在宅で生活する高齢者の服薬管理(服薬時間や二重服薬防止)を
専用の機器とアプリでサポートする

このような、テーマに沿った様々なアイデアが発表されました。
今後はこれらのアイディアから試作を行い、商品化、販売まで企業がサポートしながら実際に新しいビジネスとして形にします。

「ここからが本番!」といったところでしょうか。
弊社も協賛企業として、しかっりとサポートして行きます!

まとめ

ハッカソンでは、最新の技術や、それらについてアドバイスをもらえる専門家がおり、このような整った環境でゼロから新しいものを作り上げる経験ができることは大きな魅力だと改めて感じました。

仲間と協力し、実際にアイディアが形になった時には、やり遂げた人たちにしかわからない達成感を感じることができるのではないでしょうか。

このような素敵なイベントに弊社も微力ながら協力できたことを嬉しく思います。
参加者の皆様のお役に立てていれば幸いです。

今後も、3Dプリンターや3D CADでわからないことがあればいつでもお問い合わせください。
お待ちしております!


▼お問い合わせはこちら

▼LINE@でも受け付け中です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『名古屋の3D × IT企業 株式会社RAKUDOの3D事業部fabcube』
●3Dプリンターや3DCAD設計 ●AI、アプリ(Web, iOS, Android)開発
特に...3DとIT技術を組み合わせたソリューションが強み!
①最新3D技術ソフトであるCGとIT技術であるゲームエンジンを組み合わせたVR、ARコンテンツ
②3DCADでデータを作成し、それを3Dプリンターで出力。ハードウェアにPythonでプログラムしたラズベリーパイを搭載するIoTソリューション など...
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
株式会社RAKUDO、100年後の働き方を創る fabcube | 名古屋の3D CAD、3Dプリンター、CG、IT企業

イベントカテゴリの最新記事