なわとびアプリ『JUMPSTA』をやってみた!

なわとびアプリ『JUMPSTA』をやってみた!

弊社が開発したなわとびアプリ『JUMPSTA』が2018年7月8日にリリースされました。

実際にスタッフがやってみたのでレポートします!

はじめに

このアプリはJJRPが毎年開催する「全国なわとびスピードコンテスト」の公式連携アプリです。
しかし、大会参加者だけではなく、誰でも楽しくなわとびができるアプリとなっています。

▶︎JUMPSTAのページはこちら

準備するもの

・スマートフォンなどの動画が撮れる端末
・なわとび

使い方

①アプリをインストール

Google PlayまたはApp Storeで「JUMPSTA」のアプリをダウンロードします。

②新規アカウント登録、Myアバター作成、トレーナー選択

ダウンロードが完了したら、生年月日や都道府県、ユーザー名、パスワードを設定します。

目や髪型、服装を選択し、自分だけのアバターを作成します。
(これが意外と楽しかった!笑)

また、アバターの属性を選択します。

↓今回作成したアバターはこちら。属性は「緑」にしました。

そして、トレーナーを選択します。
それぞれ特徴があるので、一番気に入ったトレーナーを選んでください。

これで準備は完了!!

③ステージを選択し、なわとびに挑戦!

ステージを選択します。
ステージによって「前とび」や「あやとび」など、とび方が異なります。
得意なところから攻めていくといいかもしれないですね。

ステージを選択すると、トレーナーのお手本動画とチャレンジ説明などを見ることができます。
しっかりチェックして、なわとびに挑戦!

④なわとび動画を送信

実際になわとびを行っているところをスマートフォンなどの端末で撮影し、そのデータを送信します。

実際にスタッフがやってみた動画はこちら↓

データを送信すると、跳んだ回数やステージクリアしたかどうかなどのフィードバックが返ってきます。
そして、クリアしたステージには旗が立ちます。

これを繰り返し、全ステージクリアを目指してなわとびに挑戦してください!

感想とまとめ

なわとびをしたのは約10年振りでしたが、意外と跳べて感激しました。
(体力は昔のようにはいかないですが、、、笑)

子供向けのアプリとしてリリースしていますが、短い時間で適度に汗を流すことができるので、大人でも運動や気分転換としてなわとびで身体を動かすのはいいなーと思いました。
特に、一人では続かない方にはおすすめです。JUMPSTAはステージごとに分かれているので、ステージをクリアしていく達成感があります。

ただし、このアプリを使う場合は跳んでいる姿を撮影できる三脚など、または録画してくれる相方が必要になるので気をつけてください!


▼お問い合わせはこちら

▼LINE@でも受け付け中です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『名古屋の3D × IT企業 株式会社RAKUDOの3D事業部fabcube』
●3Dプリンターや3DCAD設計 ●AI、アプリ(Web, iOS, Android)開発
特に...3DとIT技術を組み合わせたソリューションが強み!
①最新3D技術ソフトであるCGとIT技術であるゲームエンジンを組み合わせたVR、ARコンテンツ
②3DCADでデータを作成し、それを3Dプリンターで出力。ハードウェアにPythonでプログラムしたラズベリーパイを搭載するIoTソリューション など...
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
株式会社RAKUDO、100年後の働き方を創る fabcube | 名古屋の3D CAD、3Dプリンター、CG、IT企業

実績・事例カテゴリの最新記事