金属3Dプリンター界の救世主現る!?カーボンファイバー3Dプリンター

金属3Dプリンター界の救世主現る!?カーボンファイバー3Dプリンター

こんにちは。株式会社RAKUDO 3D事業部 fabcubeです。
今回は、金属3Dプリンターに負けず劣らず、今後が期待されているカーボンファイバー3Dプリンターについてご紹介したいと思います。

金属3Dプリンターの可能性と問題点

●金属3Dプリンターの良いところ
・高精度で強度のある金属パーツを造形できる
・金型を作る必要がないため気軽に試作品を作ることができる
⇨ものづくりの世界において、金属3Dプリンターの活躍の場は広がっていく!

▶︎参考記事:金属3Dプリンターメーカー一覧 – 金属3Dプリンターの現状について


(引用:https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00404798)

●金属3Dプリンターの問題点
・本体価格が非常に高価
本体価格やランニングコストがかかってしまう
・材料費が高価
・造形物の切り出しや研磨には別の機械が必要である
・本体自体が大きく置く場所が限られる
・メンテナンスに手間がかかる
⇨費用はかさむ一方。

高品質な物が作れることはわかっていても、個人や中小企業にはまだまだ敷居が高いのが現状。

炭素繊維(カーボンファイバー)の登場

そこで、金属に代わるものとして、「炭素繊維(カーボンファイバー)」があります。
簡単に炭素繊維(カーボンファイバー)の特徴を説明すると、

・比重は鉄の4分の1
・比強度は10倍
・比弾性率は7倍

すなわち、「軽くて強くて弾性に富む」ということです。
また、耐摩耗性や耐酸性などの耐久性に優れていることや、電気伝導性が高いという特徴もあります。

救世主になるか!?
カーボンファイバー3Dプリンター「Mark Two」

ここで、実際に炭素繊維を使用して造形ができる3Dプリンター「Mark Two」を紹介したいと思います。
実は、弊社でも実際にこの3Dプリンターを使用した造形サービスを行なっています。
お問い合わせはこちら


(引用:http://www.rakudo.io/blog/wp-content/uploads/2018/05/Markforged-Mark-two-featured-image.jpg)

以下は金属3Dプリンターにはない、Mark Twoの大きな特徴です。

本体

  • 比較的安価
  • オフィスの机で使用可能
  • 本体の移動が簡単
  • 強度、耐久性が強く汎用性に富んだパーツを造形可能
  • 造形中に指定した場所で造形を自動停止できる
    (ナット、ボルト、磁石等の部品を造形物に継ぎ目なく埋め込むことが可能)

造形物

  • 加工精度が50μm、100μmと高い
  • 内部構造を様々な方式のハニカム構造にできる(大きな衝撃を受けても曲がることはない)
  • 造形の完了直後からパーツを使い始めることが可能

材料

  • 炭素繊維 ($447 /150㎤)
  • ファイバーグラス ($225 /150㎤)
  • ケブラー ($297 /150㎤)

ランニングコスト

  • 金属3Dプリンターと比較すると非常に低い

Mark Twoの仕様

造形サイズ 幅320mm × 奥132mm × 高154mm
プラスチック材料 ONYX、ナイロン
繊維材料 炭素繊維、ファイバーグラス、強度高耐熱ファイバーグラス、ケブラー
Z軸積層ピッチ 100μm
本体寸法 幅467mm × 奥575mm × 高424mm
付属品 クラウド版Eigerソフトウェア、800ccONYXスプール、800ccナイロンスプール、
100cc炭素繊維、100ccファイバーグラス、100cc強度高耐熱ファイバーグラス、
100ccケブラー
価格 米国価格$5,499

実際に炭素繊維を使用した3Dプリンターは自動車業界や航空業界、医療業界などの様々な業界から、身近なところではゴルフのシャフト、テニスラケット、釣竿などにも活用されています。

弊社で行なっている造形サービス

弊社ではこの「Mark Two」を使用した造形サービスを行なっています。

3DプリンターやCADに詳しいスタッフがいるため、あなたの想像する物の設計から造形まで、丁寧にサポートします。
どんな些細なことでも、お気軽にご相談ください。

▼3Dプリンターに関する記事はこちら
3Dプリンターって結局どうなの?わかりやすく解説


▼お問い合わせはこちら

▼LINE@でも受け付け中です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『名古屋の3D × IT企業 株式会社RAKUDOの3D事業部fabcube』
●3Dプリンターや3DCAD設計 ●AI、アプリ(Web, iOS, Android)開発
特に...3DとIT技術を組み合わせたソリューションが強み!
①最新3D技術ソフトであるCGとIT技術であるゲームエンジンを組み合わせたVR、ARコンテンツ
②3DCADでデータを作成し、それを3Dプリンターで出力。ハードウェアにPythonでプログラムしたラズベリーパイを搭載するIoTソリューション など...
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
株式会社RAKUDO、100年後の働き方を創る fabcube | 名古屋の3D CAD、3Dプリンター、CG、IT企業

3Dカテゴリの最新記事