3D Printing 2018 ④Carbon

3D Printing 2018  ④Carbon

 

前回に引き続き、
東京ビッグサイトで行われた『3D Printing 2018』についての記事です(*^^*)

今回は、高性能プリンタを発売している ④Cabon社 についてです。

Carbon

 

■特徴

CarbonはGoogleの子会社で、CLIPという独自の造形技術を利用した革新的な印刷方法、DLSプロセスを生み出しました。

『M1』『M2』というプリンタを発売しており、魅力としては、

・印刷が圧倒的に早い!

・地区層しないため異方性がない!

・綺麗でツルツル!

・素材も豊富!

→つまりさまざまな場面で最終製品として使えるレベルです!

 

今年はadidasとコラボされたスニーカーが展示されていました。

 


底のラバーは柔軟性も高く場所によって密度も異なっており、精細な製品が成形されていることがわかります。

また、義歯や歯肉などの歯科分野にも進出しており、エンドユーザーにとっても身近な話に感じるのではないでしょうか。

日本への進出はまだ未定ですが、ニコンやJSRが出資しており、日本での事業展開が本格的に進んでいると思われます。

 

3Dプリンタは模型や試作品に主に使われてきたというイメージですが、Carbon社は高速精細に製品を造形できることが魅力的であり、様々な市場での量産を可能にさせるかもしれません。

 

■マテリアルの種類


・ポリウレタン系(4種類)
・シリコン
・エポキシ
・シアネート(約200℃まで耐熱)

などがあります。


マテリアルの価格はポリウレタン系では4万円/1kgとのことですが、特性を持ったものは単価が高く、2倍近くになるものもあるそうなので導入前に要チェックです。

価格はサブスクリプション(毎年費用を払う)形式のみで年間700万円を3年間契約することが条件です。

2月16日現在では1台の導入実績があるとのことです。

■事例

造形物を最終製品として使っている企業は、

・adidas(スニーカー)
・MINI(ミニクーパー ウィンカー部)
・Delphi(自動車部品)
・GE(複合企業・航空部品など)
・Caterpillar(建設機械)

などの会社が利用しているそうです。

■感想

産業の場で広く活躍し始めているように感じます。
CarbonのCEO,Joseph氏がTEDのスピーチで「緊急事態の時にすぐにプリントして使う」「歯医者の待合室で待っている間に出来上がる」こともできるようになると述べていて、Carbon社をはじめとして、これからBtoBだけでなくBtoCでも利用される場面が多くなりそうです。

 

 


▼お問い合わせはこちら

▼LINE@でも受け付け中です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『名古屋の3D × IT企業 株式会社RAKUDO』
●AIと人のつながりを作るプラットフォーム「AI interface」
●3Dプリンターや3DCAD設計 ●AI、アプリ(Web, iOS, Android)開発
特に...3DとIT技術を組み合わせたソリューションが強み!
①最新3D技術ソフトであるCGとIT技術であるゲームエンジンを組み合わせたVR、ARコンテンツ
②3DCADでデータを作成し、それを3Dプリンターで出力。ハードウェアにPythonでプログラムしたラズベリーパイを搭載するIoTソリューション など...
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
AI interface 株式会社RAKUDO、100年後の働き方を創る

レポートカテゴリの最新記事