3D Printing 2018に行って来ました!①Formlabs

東京ビッグサイトで開かれた『3D Printing 2018』に行ってきました!

昨年同様、formlabsやCarbon 、 Markforged などの企業からしっかりと情報を収集してまいりました!

行けなかった方、気になる方はもちろん、3Dプリンタの知識がない方もぜひこの記事を読んでみてほしいです!(^^)!(私もまだ初心者です。)

 

ざっくりと今年の感想を言うのであれば「かなり産業の場で使われ始めた」といった感じです。
3Dプリンタの市場はますます拡大していきそうという印象を受けました!

その中で弊社が注目した企業を7社ピックアップしました。


①formlabs
②Markforged
③HP(ヒューレットパッカード)
④Carbon
⑤久宝金属製作所
⑥MIMAKI
⑦フィラメント工房 ※マテリアルのみ

 

5つの記事にわたって、各社の特徴などをご紹介していきます(*^^*)

今回は  ①formlabs についての記事です!

Formlabs

 

 

formlabsはRAKUDOでも取扱いをしています!
特に『form2』という3Dプリンタが看板商品です!

更にこの1年は製品のレパートリーが一気に広がりました。
それらを順番に紹介していきますのでぜひご覧ください^^

 

■製品の魅力と紹介

 

◆『Fuse1』


新発売されたSLS方式(サポート材が不要で、粉末素材をレーザーで焼結させるのが特徴)の3Dプリンタです。

マテリアルはナイロンのみですが、ナイロン粉末から造形された造形物は非常に丈夫で、ある程度の熱にも耐えることができます。
製品作りには十分使えそうです!

また、使用済み粉末を最大50%まで混入できるので、製造コストも削減できそうです。

プリントエリアは、165×165×320mmとすこし小さめ。

本体価格は約1万ドルですが、form2の用に簡単にメンテナンスができないため諸々の費用を含めると300万円ぐらいになるとのことです。(担当者の方のお話)

「Fuse1」の出荷は2018年半ばが予定されており現在北米とヨーロッパで予約注文を受け付けています。
新しい情報が入り次第RAKUDOからも情報を発信します!

 

◆『Form cure』

3Dプリントしたパーツを、二次硬化させるものです。
光と熱で、強度などの素材の特性を発揮できるようにしてくれるそうです!
特性のある材料(ハイテンプやタフ)などは特性がよく現れるそうです

 

◆『Form wash』
イソプロピルアルコール(IPA)を使った、3Dプリントのパーツを⾃動洗浄する機械です。
洗浄が完了すると自動的に上昇して自然乾燥し、IPAへの長時間浸漬による悪影響を防止しています。
細かい隙間なども綺麗にしてくれるので良いですね…!

 

◆『Rigid Resin(リジッドレジン)』(手前の白っぽい造形物)

ガラスを混ぜ合わせることで、光沢と硬度を高めるレジンです。
劣化にも非常に強く、薄い造形物を製作することができます。

 

◆『Grey pro(グレープロ)』(先ほど画像の右上の造形物)
高精度で耐久性の高い新しいレジンです。
タフという耐久性の高い材料がありましたが、色がグリーンでした。
グレイの色は造形物が綺麗に見える効果もあるとのことで、今後人気のレジンになっていくのではないでしょうか。

 

用途としては
・コンセプトモデリング
・機能確認のためのラピッドプロトタイピング
・繰り返し処理される部品
・射出成形製品のプロトタイプ
・金型マスター
・治具
がオススメだそうです。

 

◆『キャスタブル』

昨年春に発表された、非常にディティールの細かいプリントを可能にする主にロストワックス鋳造対応の素材です。
キャスタブルは、燃やした後に灰や残留物が残らない素材です。
そのため、キャスタブルで作った模型で型をつくることができ、ダイレクトに鋳造することが可能です♪

 

 

◆『カラーキット』

カラーの3D造形物を製作できるキットです。
カラーベース樹脂カートリッジ、5色の顔料インク、測定用シリンジ、レシピブックがセットとなっています。

使い方は、
①ホームページなどで色のレシピを参考にする。
②完成した色を素材となる樹脂に注入する。
③振る
⑤本体にセット
これで完了です!
簡単にセットできますね。しかも、レジンタンクは色ごとに変える必要がありません。

個人的には、『キャスタブル』でアクセサリーを作ったり、『カラーキット』でカラフルなフィギュアを作ったり…そんな想像性溢れるラインナップに惹かれました!

RAKUDOではformlabs製品を扱っています。
印刷の請負や販売も行っていますので、ご興味のある方はぜひぜひご連絡くださいね(*^^*)

次は Carbon社のご紹介です。


▼お問い合わせはこちら

▼LINE@でも受け付け中です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『名古屋の3D × IT企業 株式会社RAKUDO』
●AIと人のつながりを作るプラットフォーム「AI interface」
●3Dプリンターや3DCAD設計 ●AI、アプリ(Web, iOS, Android)開発
特に...3DとIT技術を組み合わせたソリューションが強み!
①最新3D技術ソフトであるCGとIT技術であるゲームエンジンを組み合わせたVR、ARコンテンツ
②3DCADでデータを作成し、それを3Dプリンターで出力。ハードウェアにPythonでプログラムしたラズベリーパイを搭載するIoTソリューション など...
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
AI interface 株式会社RAKUDO、100年後の働き方を創る

レポートカテゴリの最新記事