名古屋ものづくりワールド2016 レポート3Dsystems編

名古屋ものづくりワールド2016 レポート3Dsystems編

2016年4月19日(水)〜21日(金)まで行われた、名古屋ものづくりワールド2016。

名古屋で開催されるのは初めてで、「第1回 名古屋 設計・製造設計ソリューション展」と「第1回 名古屋 機械要素技術展」の2つのイベントが開催されました。

(6月に東京で開催される同イベントはこちら http://www.japan-mfg.jp/

その中で、3Dプリンターと3DCADに関するブースを見学したので、ご報告いたします。

どんどん研究開発が進む3Dプリンター

3Dプリンターの性能もどんどん上がっており、導入する企業も増えてきました。材料の種類も増えてきており、より活用の場所が広がってきています。

名古屋ものづくりワールド2016 レポートStratasys編 Part1はこちら
名古屋ものづくりワールド2016 レポートStratasys編 Part2はこちら
名古屋ものづくりワールド2016 レポートStratasys編 Part3はこちら

東朋テクノロジー

東朋テクノロジーさんは、3Dsystemsの機械を扱っています。

3Dsystemsの3Dプリンターは種類が多く、フルラインナップでどんなお客様にも対応できるようになっています。

今回は造形物の写真を中心に、機種情報を掲載していきたいと思います。

金属3Dプリンター ProXシリーズ

金属3Dプリンターの歴史は意外に古く、30年以上前から使われています。 以下の写真ような複雑な形状も作ることができ、様々な業界で企業向けに導入が進んでいます。

金属3Dプリンターで造形した部品1

金属3Dプリンターで造形した部品2

金属3Dプリンターで造形した部品3

3Dプリンター(付加製造方式)のメリットは、軽量化ができる、材料の無駄がない、複雑な曲面形状が作りやすい、複数パーツを一体型で出力できる、など様々です。事例としては、GEやエアバスが金属3Dプリンターで部品を製造し始めています。航空業界では、軽量化による燃料費のコストダウン効果がかなり高く、メリットの出やすい業界です。

仕組みは金属粉末にレーザーを照射し焼き固めながら積層していく方式(DMP:Direct Metal Printing)です。価格としては3Dプリンターの中で最も高価で、約5,000万円〜1億5,000万円となっています。

材料は数種類あり、マルエージング鋼、ステンレス鋼、コバルトクロム、アルミ(シリコン含)などです。

日本でも導入し始めている企業が多くなってきています(原田車両設計さんなど)。三菱重工が開発を進めていたりもしています。他の金属3Dプリンターメーカーは、ドイツのeosや日本では松浦機械製作所があります。名古屋にはj・3Dがあり、金属3Dプリンターで早くから造形サービスを提供しています。

*j・3Dのサイトで詳しくメーカーがご紹介されていました。

金属3Dプリンターの注目度は最近特に上がっているので、技術革新が進んでいくでしょう。

複数メーカーの相見積もりを取得するサービスも行っております


▼お問い合わせはこちら

▼LINE@でも受け付け中です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『名古屋の3D × IT企業 株式会社RAKUDO』
●AIと人のつながりを作るプラットフォーム「AI interface」
●3Dプリンターや3DCAD設計 ●AI、アプリ(Web, iOS, Android)開発
特に...3DとIT技術を組み合わせたソリューションが強み!
①最新3D技術ソフトであるCGとIT技術であるゲームエンジンを組み合わせたVR、ARコンテンツ
②3DCADでデータを作成し、それを3Dプリンターで出力。ハードウェアにPythonでプログラムしたラズベリーパイを搭載するIoTソリューション など...
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
AI interface 株式会社RAKUDO、100年後の働き方を創る

レポートカテゴリの最新記事