名古屋ものづくりワールド2016 レポートStratasys編 Part3

名古屋ものづくりワールド2016 レポートStratasys編 Part3

2016年4月19日(水)〜21日(金)まで行われた、名古屋ものづくりワールド2016。

名古屋で開催されるのは初めてで、「第1回 名古屋 設計・製造設計ソリューション展」と「第1回 名古屋 機械要素技術展」の2つのイベントが開催されました。

(6月に東京で開催される同イベントはこちら http://www.japan-mfg.jp/

会場案内図

​その中で、3Dプリンターと3DCADに関するブースを見学したので、ご報告いたします。

3Dプリンターを活用した新たな製造技術

前回に引き続き、あらゆる製造過程で使用される「型」について、新しい取り組みをされている企業をレポートします。

名古屋ものづくりワールド2016 レポートStratasys編 Part1はこちら
名古屋ものづくりワールド2016 レポートStratasys編 Part2はこちら

有限会社スワニー

有限会社スワニーさんでは、樹脂型による射出成型を行っていました。

射出成型はプラスチック部品を作るための代表的な製法で、名古屋でも多くの会社が存在しています。

代表的な射出成型の方法

スワニーさんでは、この金型の部分を樹脂で作成しました。いわゆるデジタルモールドです。

射出成型機

樹脂型

反対の樹脂型

樹脂型からプラスチック部品ができあがり

前回同様、樹脂型は光効果樹脂なので熱には強く溶けません。 プラスチックを型に流し込む際かなり高温になるのですが、この樹脂型は光で変化する物質なので溶けないのです。

精度も問題なく、150ショット打てます。

スワニーさんの説明動画

これにより、数パターンの形状作成も容易になり、より検証が行いやすくなり製品精度が高まっていくと同時に、失敗による無駄な時間の短縮が行えます。

今後3Dプリンターを使ったものづくりが様々なジャンルに広がっていくと思います。このような新しい挑戦をする企業が増えてくると、小さな革命が起こってそれが集まり大きな革命に変わっていくでしょう。

工場が民主化され、大量生産から多品種少量生産になりマスカスタマイゼーションが求められる時代です。今までとは違う顧客ニーズに対応するため、製造側の意識改革も求められていきそうです。

3Dプリンターの活用方法やご相談はいつでも受け付けております。


▼お問い合わせはこちら

▼LINE@でも受け付け中です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『名古屋の3D × IT企業 株式会社RAKUDO』
●AIと人のつながりを作るプラットフォーム「AI interface」
●3Dプリンターや3DCAD設計 ●AI、アプリ(Web, iOS, Android)開発
特に...3DとIT技術を組み合わせたソリューションが強み!
①最新3D技術ソフトであるCGとIT技術であるゲームエンジンを組み合わせたVR、ARコンテンツ
②3DCADでデータを作成し、それを3Dプリンターで出力。ハードウェアにPythonでプログラムしたラズベリーパイを搭載するIoTソリューション など...
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
AI interface 株式会社RAKUDO、100年後の働き方を創る

レポートカテゴリの最新記事