ハードウェアスタートアップ|カラーボックス留め具

ハードウェアスタートアップ|カラーボックス留め具

カラーボックスの留め具の作成を行なった事例について紹介します。

背景

今回の依頼主は個人で実用新案(※)を申請・登録された方で、その登録された実用新案を製品化したいと考えておられました。製品化するためには、試作品を作成し、メーカー等に売り込む必要があります。

そこで弊社に問い合わせがありました。 今回の依頼は、3D CADデータ作成3Dプリント代行です。

※実用新案:特許のようなもの。詳しくはこちらを参照ください。

大まかな流れ

  1. ファーストコンタクト:T.T.様から依頼内容説明
  2. T.T.様からfabcubeへ試作品写真の送付
  3. fabcube 3DCADデータの作成、3DCADデータURLの送信
  4. T.T.様 3DCADデータの確認
  5. 打ち合わせ&修正(電話)
  6. fabcube データ修正
  7. fabcube 3DCADデータプリント、試作品写真を送付
  8. 打ち合わせ&修正(電話)
  9. fabcube 前金請求書送付
  10. T.T.様 前金入金
  11. fabcube 商品プリント
  12. fabcube 残金分請求書送付
  13. T.T.様 残金入金
  14. fabcube 商品プリント(残り9セット)送付、データ送付(2パターン)

全行程で約2ヶ月です。

納品商品

・部品3パーツ×10セット

・3D CADデータ(3パターン)


お客様の声

以下、メール文引用
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
fabcube様

今回は、大変お世話になりました。感謝しています。
試作品が送られてくるのを、首を長くして待っていましたが、実際に届いた物を見て、大変満足しています。

試作の段階でいただいたアドバイスを参考にして、企業にプレゼンしてみようと思っています。
捕らぬ狸ではありますが、上手くいったらもう一件お願いしたいと思っています。
また、企業に対してのプレゼン資料等、ご相談させていただきます。
今後も、よろしくお願いいたします。

自分で何度も試作品を作ったのですが、企業担当の方には説得力がなく、どうしようかと困っていました。
やはり、言葉だけでなくしっかりした試作品があると、プレゼンしやすいですね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まとめ

安く早くプリントできる様に、可能な範囲でサイズの調整をしたり(不具合の出ない程度に無駄な部分を削りました)、3D CADデータを複数パターン作成しました。一番難しかったことは、結束バンドの受け部分の形状作成です。カチカチと止めるギザギザの受け部分を作成し、市販の結束バンドが使えるようにしました。
お客様にも満足していただけたようで、私たちも嬉しい限りです。

何度も打ち合わせを重ねることにより、お互いの頭の中のイメージを一致させることが一番重要だと思っております。遠慮なく、「ここをこうしたい」などの要望を教えていただいて、最終的に満足のいく製品を納品できるように努めていきます。 お客様の予算内で製品を作成することも考慮して作業を進めていきますので、何かお困りの方は気軽にご相談ください。


▼お問い合わせはこちら

▼LINE@でも受け付け中です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『名古屋の3D × IT企業 株式会社RAKUDO』
●AIと人のつながりを作るプラットフォーム「AI interface」
●3Dプリンターや3DCAD設計 ●AI、アプリ(Web, iOS, Android)開発
特に...3DとIT技術を組み合わせたソリューションが強み!
①最新3D技術ソフトであるCGとIT技術であるゲームエンジンを組み合わせたVR、ARコンテンツ
②3DCADでデータを作成し、それを3Dプリンターで出力。ハードウェアにPythonでプログラムしたラズベリーパイを搭載するIoTソリューション など...
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
AI interface 株式会社RAKUDO、100年後の働き方を創る

お客様の声カテゴリの最新記事