今までにない「なわとび」を!

今までにない「なわとび」を!

この記事では株式会社J-ROPE様より依頼のあった、なわとびの設計についてご紹介させていただきます。

株式会社J-ROPE様は、社会・教育・健康・トレーニングなど様々なことに対して「なわとび」から、価値を創造している会社です。

今までにない新しい構造のなわとびを考案されており、今回は回しやすさが格段に向上する新製品のCADデザイン設計を依頼されました。

新しいなわとびの特徴

回転の中心を球体に設計することで回転をなめらかに

今までの製品はただ穴から縄が出ているだけでした。
そこで、本製品は縄のストッパー部分となっている部品の形を球体にしました。

それにより、縄が滑らかに回転するだけでなく、回転時に持ち手と縄の角度がほぼ90度になり、今までにない可動域を確保することができました。飛びやすさが飛躍的に向上します。

シャープで洗練されたデザイン

持ち手、内部構造ともにシンプルで洗練されたデザインになっており、今までのなわとびとは一線を画す製品となっております。

モデリングと3Dプリントによる機構の稼働検証

今回のご依頼は、機能やコンセプトがほぼ決まっていたため、形状をモデリングすることと、ストッパーや回転部品の強度や稼働状態の検証を中心に行いました。可動域が最大になるとともに強度を保つような形状を調整し、細さも限界まで調整しました。

さらに、モデリングした形状を3Dプリンターで出力し、実際に回転させて動作を確認しました。

金型を製作する前の形状見本として数パターンを3D造形したのですが、やはり試作段階で実際のものを手にとって確認できることは3Dプリンターの大きな強みですね。

まとめ

株式会社J-ROPE様は、商品コンセプトや販売方法を今までとは違うアプローチで行い、多くの方が親しみを持って使い続けられる製品を作っていくとおっしゃっておられました。

なわとびは教育現場だけでなく、スポーツや趣味、ダイエットにも使われていて、日本人ならだれもが知っているし、みなさんも使ったことがあるのではないでしょうか?
そんな大きな市場・業界をさらに盛り上げていけるよう、弊社も全力で応援して行きたいと思います。

▼なわとびに関する記事はこちら
「NHK 超絶 凄ワザ!」の8重跳びなわとび製作で遭遇した7つの壁
世界初に挑戦!なわとび8重跳びへの道のり
なわとびアプリ『JUMPSTA』をやってみた!


▼お問い合わせはこちら

▼LINE@でも受け付け中です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『名古屋の3D × IT企業 株式会社RAKUDO』
●AIと人のつながりを作るプラットフォーム「AI interface」
●3Dプリンターや3DCAD設計 ●AI、アプリ(Web, iOS, Android)開発
特に...3DとIT技術を組み合わせたソリューションが強み!
①最新3D技術ソフトであるCGとIT技術であるゲームエンジンを組み合わせたVR、ARコンテンツ
②3DCADでデータを作成し、それを3Dプリンターで出力。ハードウェアにPythonでプログラムしたラズベリーパイを搭載するIoTソリューション など...
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
AI interface 株式会社RAKUDO、100年後の働き方を創る

実績・事例カテゴリの最新記事