海外の義手作成ボランティアサイトについて

海外の義手作成ボランティアサイトについて

3Dプリンターとボランティア、一見すると無関係だと思われるのではないでしょうか? しかし、近年、3Dプリンターをつかって義手作成ボランティアが海外で流行しているようです。

海外では義手作成ボランティアサイトがあり、世界各国の子どもたちに義手をプレゼントしているようです。

義手になる原因は、交通事故による身体障害や、先天的な身体障害があります。 義手の作成は、その性質上、正確な技術が要求されます。

しかし、3Dプリンターによって、義手の作成が容易になりました。 E-Nableという団体は、3Dプリンターに興味がある方とボランティアに興味がある方に対して、 3Dプリンターの利用支援とマッチングの活動を行っています。

だいたい1つの義手を作成するには、8時間から10時間がかかり、費用が$120ほどかかります。 実際に3Dプリンターで義手を作成した人によれば、時間はとてもかかるが、非常に面白く、満足する作業だと言っています。

 

 

 

3Dプリンターにより、技術革新が生じました。

その技術は物作りだけではなく、医療にも向けられています。 そして、その技術が我々の身近になった今、ボランティア活動のために活用することも可能となりました。 日本ではまだ、E-Nableのような団体はありませんが、そのような時代が待っているのかもしれません。

E-Nable URL:http://www.enablingthefuture.org/

 


▼お問い合わせはこちら


AI interface 株式会社RAKUDO、100年後の働き方を創る

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【株式会社RAKUDO】
下記の事業を中心に行なっている名古屋の企業です。

●エンタメ系や製造業の方に向けたVR/AR/MR開発
●モーショントラッキングのデータ作成サービス
●AI開発が楽になるプラットフォーム「AI interface」

お困りのことがあれば些細なことでもお気軽にご連絡ください。
一緒にアイディアを形にしましょう!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その他カテゴリの最新記事